こんにちは、花井です。

Startup Weekendのアドベントカレンダーの1記事として、

http://www.adventar.org/calendars/1892

 

Startup Weekendの何がぱねぇ(すごい)のか書いていきます。

 

花井って誰?

まず花井って誰よ?ってことで、簡単に。

 

接骨院エンジニアです。32歳です。三重県で接骨院の経営をしながら、健康系のアプリやウェブサービスを作る会社の代表と開発と営業と雑用をしています。

アプリは鳴かず飛ばずです、誰か助けてください。

 

Startup Weekendとの関わりは、昨年2015年のヘルスケアに参加者として出場、今年に入ってオーガナイザー(運営スタッフ)としてフィンテック、IOTに関わらせてもらって、今年のヘルスケアではリードオーガナイザーをさせてもらいました。

 

と、言っても関わってまだ一年ほどです。東京の雰囲気に目をキラキラさせている田舎のおっさんの戯言と思って記事を見てもらえると良いかと。

一体何が「ぱねぇ」のか…を。

 

 

 

 

ぱねぇ1:もれなく熱くなる

 

 

kachikachiyama

 

自分が作りたかったサービスでも、そうではなくても熱くなります。

 

「このサービスがいいんじゃぁぁぁぁああ」

「こっちの方がユーザーのためじゃろがぁぁぁ!!!」

 

とわかりやすく熱くなる方と

 

「こっちの方が絶対良いし…キリッo(`ω´ )o」

「このサービスがいい理由は、あーでこーでhfuiwgfiuegruhu…」

 

と静かに熱くなる方がいます。

 

Startup Weekendの雰囲気が参加者本来の熱さを引き出しているのかもしれません。

 

 

 

もれなく熱くさせてくれるStartup Weekendぱねぇ

 

さぁこんな感じでいきましょう。

 

 

ぱねぇ2:周りのみんなすごい

trpg_people

チームでディスカッションすると気付きます。

 

 

こいつ「ぱねぇ…」と。

 

 

スムーズなプレゼン、きめ細やかな進行、譲れない熱意…

 

 

敗北感!

 

圧倒的敗北感!

 

 

こんなすごい奴が世の中にいたのか…と。

 

自分の不甲斐なさを教えてくれるのは悔し…

普段出会えない人とStartup Weekendを通じて出会えるのは大変ありがたい。

 

 

 

ぱねぇ人と出会えるStartup Weekendぱねぇ

 

さぁどんどんいきましょう。

 

ぱねぇ3:自分たちのサービスすごい感

enjin_friends_boys_girls

 

たとえ優勝できなくても参加者みんな思ってます。多分。

 

 

自分たちのサービスが一番ぱねぇ

 

と。

 

三日間で、みんなで一生懸命作り上げたサービスはかわいい。

我が子のようにかわいい。

 

そして思います。どうしてこんなにすごいサービスが優勝できないんだ…と。

 

自分たちのサービスを溺愛する感すごいです。

 

 

自分たちのサービスを好きになる感ぱねぇ

 

ホントにこんな記事でいいのか心配になってきました。

 

ぱねぇ4:終わった後のビールぱねぇ

nomikai_salaryman

 

Startup Weekendが終わった後に飲むビールは言うまでもなく

 

 

 

ぱねぇ5:このチームで良かった

business_katakumi

優勝してもしなくても結局みんな思います。

 

 

このチームで良かった

 

 

と。

 

14292329_1124886687607328_5383915392258674717_n

 

チームの大切さを教えてくれる

スタートアップウィークエンドぱねぇ。